サイトへ戻る

二階堂製麺所の歴史

皆さん、こんにちわ♪

いつもブログをご覧頂きありがとうございます😊✨

すっかり秋らしく、肌寒い季節になってきましたね🍁

ご来店されるお客様も温かいおうどんをお召し上がりになる方が多くなってまいりました。

さて、今回は二階堂製麺所の歴史について少しご紹介させていただきたいと思います!

二階堂製麺所は明治18年創業の130年以上の歴史がある麺屋です✨

恐らく仙台でここまで歴史ある麺屋を体感できるお店は他に無いと思います。

二階堂製麺所は登米市で始まりました。

初代の文左衛門が迫町畑中で創業(現在の佐沼錦)迫川東側の麺茶屋として大変賑わったそうです✨

当時はまだ、屋号がありませんでした。

2代目が麺茶屋を継ぎ二階堂製麺所として乾麺を作る二階堂製麺所をはじめました。

 

終戦後3代目が製麺所を継ぎ、本格的なうどんの製造が始まりました。

これが現在の麺製造の基礎となり、4代目が受け継いだ時に

初代の手延べうどんを復活させ伝統に基づいて歴史ある手延べうどんの製造が始まりました。

そして今、5代目はさらに減

原点復帰を志し仙台にて、歴史ある手延べうどんを体感できる 仙台手のべうどんBUNZA をオープンしました。

皆さまへリラックス空間と贅沢な歴史あるうどんをお届け出来る様に日々努力しております😊

皆様のご来店をお待ちしております✨

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

次の更新をお楽しみに♪

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK